新着情報NEWS

新着情報一覧

背中や肩周りを凝りがキツイ方に☆

YUKIYOGA Chieです。

今日は

背中や、肩周りの凝りを気持ち良くほぐしてくれるポーズをご紹介致します♪

猫伸びのポーズ

名前の通り、「猫が伸びをしているようなイメージ」で気持ち良く伸びていきましょう♪

1.四つん這いになる

2.両手を前に伸ばし、息を吐きながら、脇の下・胸を床に近づけていく

3.額またはあごどちらか楽な方を床につけて、そのまま3~5呼吸繰り返す

☆吸う息で背中まで新鮮な空気をたっぷり送り届けるようなイメージで

☆吐く息では脇の下・胸をどんどん床に沈めていくようなイメージで

力が入っている所があったら、吐く息とともに少しずつ緩めていきましょう!

※ポイント※

・膝の上におしりが来るように

・自分自身が気持ちいいなと感じられるポジションを探ってみましょう!

首や肩・膝周り等、痛みを感じる時にはポーズを解いて下さい。

 

いかがでしたか?

上半身の凝りがほぐれて楽になるのはもちろん、胸周りも解れるので深い呼吸がしやすくなります。

なんとなくダルい時。

リフレッシュして元気になりたい時。

普段、猫背になりがち・・・という方にもおすすめです!

深い呼吸を意識しながら、自由気ままな猫のように

「気持ちいいな~」を感じながら、伸びをしてみて下さいね♪

 

 

体験レッスンのお申し込みはコチラ↓

https://www.yukiyoga-s.com/

 

夏の終わりはむくみやすい!?夏のムクミを撃退!ヨガポーズ

YUKIYOGA Chieです。

猛暑の高温多湿、強い日差しがふりそそぐ夏は、

思いの他、体力を奪い夏の終わりには身体の疲れがピークに。

さらには、

夏の暑さからくる「食欲低下」、「睡眠不足」

エアコンなどでの「冷え」

お風呂も湯船につからずシャワーですませることから「疲労残り」

冷たい飲み物や食べ物を摂る機会が増え、「内臓が冷えやすくなることから代謝が低下」

「スタミナのつくもので夏バテ防止を!」と高カロリーの食事を摂り「塩分過多」に

あまりの暑さに家でゴロゴロ。運動不足からくる「筋力低下」

などなど。

こうしたことから「むくみ」が発生。

むくみを放置してしまうと血液やリンパの流れが悪くなり、老廃物が溜まりやすくなります。

そうすると代謝が悪くなり、脂肪がつきやすくなり、痩せにくくなります。

むくみや代謝低下を防ぐためには

日々血流を促し老廃物をスムーズにすることで、

その日の疲れやむくみを解消していくことが大切です!

そこで今回は

むくみ解消におすすめのヨガポーズをご紹介致します♪

 

ウサギのポーズ

1.正座をして左右の手をそれぞれ膝の前辺りに置く

2.足のつま先を立てて、気を吐きながら頭頂部を床につけお尻を持ち上げる

3~5呼吸繰り返す

余裕があれば、このままの姿勢で頭頂のつぼを刺激するように頭に小刻みに体重をかける。

3.息を吸いながらお尻をかかとに戻し、足の甲を床につける

全身の力を抜いて、しばらくこの姿勢で呼吸を整えたら、ゆっくりと上体を起こしましょう!

※この時、背中を丸めながら頭が最後になるように起き上がるようにして下さいね

頭部への血行が良くなり、顔のむくみ、頭痛などに効果的です。

※首に痛みがある場合は控えて下さい

 

タツノオトシゴのポーズ

1.あおむけになり、両膝をそろえて立てる

2.右脚を左脚に深く絡ませるようにして組む

3.両手は頭の上で軽く組む

4.息を吐きながら、両脚を絡めたまま左に倒す

※この時に両肩は床につけたまま、身体も左に軽くねじりましょう

3~5呼吸繰り返す

反対側も同様に行いましょう

↑手が組めない場合は、腕を真横に伸ばし脚を交差させて組むだけでもOK!

下半身のむくみ解消、腰痛改善にも効果が期待できます。

 

いかがでしたか?

ヨガのポーズは、同時に心地よさを感じられるのでリラクゼーションにもにもなります。

リラックスすることで、副交感神経が優位になり、筋肉の緊張がとれ、

血液やリンパの流れが良くなることにつながります。

なかなか家では自分の時間が取れなかったり、続けられない、という方は

思い切ってスタジオにレッスン体験してみられて下さいね♪

お待ちしております(^^)/

体験レッスンお申し込みはこちら

https://www.yukiyoga-s.com/

 

 

肩コリすっきりヨガポーズ

YUKIYOGA Chieです。

肩コリがひどい。。重たくてキツイ。。。

今回は、そんな時にぴったりのヨガポーズをご紹介致します。

日常生活では意識することが少ない背中の大きな筋肉や脇のラインをストレッチすることで、

上半身のコリが和らぎ、肩凝り解消につながります。

身体だけでなく気持ちもすっきりリフレッシュできるポーズですので、一緒にやってみましょう♪

かんぬきのポーズ

(やり方)

1.脚を腰幅にひらいて、膝立ちになる。この時、両つま先は立てておく。

2.左脚を伸ばし、左手は膝のあたりに軽くそえる

※この時膝に負担がかからないように、膝を押さえないように注意して

一緒に骨盤が傾かないようにしましょう!

3.息を吸いながら右手を天井に伸ばす。

4.吐きながら上体と右手を左側に倒す。左手はすねの方へ滑らせる。

手首、肘、首の力は抜いて~

このまま3~5呼吸繰り返す

5.息を吸いながら、ゆっくり身体をおこします。

難しければ、上体は軽く傾ける程度でOK!

 

いかがでしたか?

膝が痛いなと思われる方は、膝の下に厚く折りたたんだブランケットなどを敷くと痛みが軽減されます。

それでも痛みを感じられる場合は、無理に行わないで下さいね。

 

このポーズは他にも、脂肪燃焼効果、脇腹のシェイプアップ、太もも引き締め、背中引き締め、などの効果も!

もっと効果を実感してみられたい方は、1時間のレッスンを体験されて下さいね♪

お待ちしております☆

体験レッスンのお申し込みはこちら

https://www.yukiyoga-s.com/

 

 

 

 

 

股関節を柔らかく☆簡単ヨガポーズ

YUKIYOGA Cheです。

デスクワークなどで座っている時間が長い方、姿勢や肩凝り、腰痛が悩みの方。

まずは股関節をほぐしましょう!

股関節が柔らかいと骨盤の前側にある腸腰筋や後ろ側の大殿筋、中殿筋の柔軟性が保たれます。

その結果、骨盤が正しい位置になり、背骨も自然なS字カーブに整いやすくラクに美しい姿勢を保てます。

逆に股関節が硬いと、腸陽筋が縮んで、大殿筋、中殿筋が凝り固まり、骨盤が後ろに傾き猫背になってしまうのです。

今回は、運動不足で筋力に自信がない方でも無理なくできる簡単な股関節ほぐしのポーズをご紹介致します。

ぜひ一緒にやってみましょう♪

 

揺れる吉祥のポーズ

1.脚の裏を合わせて座る

2.人差し指と中指で足の親指をつかむ

↑つま先を両手で包み込でもOK!

3.自然な呼吸を繰り返しながら左右に揺れる

最初は揺れ幅を大きく、徐々に小さくしていきましょう!

4.数回繰り返したら、元の姿勢に戻る

股関節を柔軟にし、背骨を正すことにより女性ホルモンの分泌を促すので、女性特有の症状に効果があります

また、頭の血液が下がり心地良い睡眠が得られる効果も!

ぜひ寝る前に行ってみて下さい♪

片脚開脚のポーズ

1.あぐらの状態から、片脚を開いて伸ばす

※この時、無理して開きすぎないように!

2.伸ばした膝とつま先は天井に向ける

3.両手は下ろして床につき、息を吸いながら背筋を伸ばす

4.吐きながら脚の付け根から前屈する

このまま3~5呼吸繰り返す

※伸ばした膝が内側に入らないように注意して

5.息を吸いながら手で床を押しながら、ゆっくり体を起こす

もう片方の脚も同様に行いましょう

 

真珠貝のポーズ

1.足の裏を合わせて座る

2.脚がひし形になるようにつま先を前にずらす(かかとから30?くらい離すのが目安)

3.手のひらを上にして脚の下に入れる

4.息を吸いながら、背筋を伸ばし、吐きながら手を手前に滑らせながら前屈する

このまま3~5呼吸繰り返す

5.息を吸いながら体を起こす

 

いかがでしたか?

リラックスしてゆっくり呼吸を行って下さいね。

もし、股関節が固すぎて自分には、無理~!!と諦めていているアナタ。

おまかせください!

インストラクターがアナタの体を見てアドバイスしていきます(^^)/

体験レッスンのお申し込みはこちら

https://www.yukiyoga-s.com/

 

腰痛予防に!簡単ヨガポーズ

YUKIYOGA Chieです。

「腰痛」

多くの方が経験したことのある痛みの一つではないでしょうか?

腰痛には様々な原因があります。

体の使い方が原因の場合でも、腰だけでなく、股関節や膝、足首、腰以外の背骨の問題、肩関節や胸郭など、腰痛を引き起こしている理由が全身の中に隠されています。

体のバランスが整っていない状態・姿勢・動きが、一部の場所に負担をかけ痛みを出しているのです。

これは腰痛に限らず、他の痛みや不調などにも共通しています。

では腰痛を改善するためには何をしたらいいの?

ここでおすすめなのがヨガのポーズなんです!

ヨガは身体のあらゆるところに意識を向けることで、自分自身の体を知るヒントにもなるし

体の使い方を改善することもできるとても素晴らしいものなのです!

今回は、腰痛予防にうってつけのヨガポーズをご紹介致します。

やさしいワニのポーズ

1.あおむけになり、両手は真横に伸ばし両膝はそろえて立てる。

2.そのまま両脚を持ち上げて、息を吐きながら両膝が床に付くように左側に倒す。

この時、左右の膝はできるだけそろえたままで行いましょう!

3.顔は足と反対側に向けて、3~5呼吸繰り返す。

↑膝が床につかない場合は、下にクッションなどを置いてみて

反対側も同様に行いましょう。

腰回りやお尻周りが伸びて気持ちのいいポーズです。リラックスして深い呼吸を繰り返しましょう。

 

花輪のポーズ

1.脚を肩幅よりやや広めに開く。膝の内側に肘を当てて、両手の手のひらを合わせる。

この時、背筋を伸ばすことを意識して。

↑難しい場合は、お尻の下にクッションなど高さがあるものを置いてみて

この姿勢のまま、3~5呼吸繰り返す。

吐きながらお尻を床につけ、ラクに座る姿勢に戻りましょう。

股関節の柔軟性を高め、血行を良くすることで腰痛緩和につながるポーズです。

 

いかがでしたか?

筋力と柔軟性を身につけることが腰痛に効果があると言われています。

なので、どちらにも効果を発揮してくれるヨガは腰痛予防・改善にはとっても良いのです!

ただし、ヨガのポーズもむやみやたらにやってしまうと逆に腰痛を引き起こしてしまう恐れがあるので

正しいポーズの取り方を知りたい方はスタジオにいらして下さいね♪

インストラクターが分かりやすくお伝え致します。

体験レッスンのお申し込みはコチラ⇓

https://www.yukiyoga-s.com/